じざかなび福岡のロゴマークSP向け

じざかなび福岡のロゴマークPC向け

あなごあなご
宗像市の鐘崎漁港は、
福岡県内で一番アナゴが水揚げされています。
鐘崎では5月から11月頃までの間、筒カゴを
海底に沈めるカゴ漁という漁法でアナゴを獲っています。
アナゴは、夏が旬といわれており、毎年この季節になると、
北九州市、遠賀郡、宗像市、福津市の飲食店が、鐘崎のアナゴを
使った自慢のメニューを提供する「宗像あなごちゃん祭り2020」を
開催しています。
参加店舗ではあなごの天ぷらや刺身、煮穴子などさまざまな料理で
食べていただけるよう、各店舗とも、腕を振るって皆さんのお越しを
お待ちしています。
あなごちゃん祭り
あなごちゃん祭り公式サイトへリンク

宗像あなごちゃん祭り参加店舗一覧

北九州エリア

岡垣町

宗像市

福津市

  • 華杏(はなあんず)弥太楼和食
    0940-62-3282
    福岡県福津市勝浦530-2
あなごについて
福岡県は、アナゴの漁獲量が約200トンで、平成30年は全国第5位となっています。県内では、宗像市や福岡市が主な産地です。
アナゴは、ウナギのような細長い魚で、日本各地の海にいます。大きくなると、メスは約90センチ、オスは約40センチになります。
昼間は海底に潜っていて、夜になるとエサを探して泳ぎ回ります。エサは、小魚やエビ、カニなどです。エサを入れた筒やカゴを海底に沈めて獲ります。
近年、5月から9月にかけて福岡で多く獲れるようになったアナゴ。身はふわふわで柔らかな食感と脂のノリの良さが特徴で、寿司や白焼き、天ぷらなど様々な料理で楽しめます。直売所や小売店で購入できます。
Select Language